『家族の絆』

2012/01/20


「家族の絆」

笛吹市に避難されている被災者の中村様という女性のお客様より

「一宮店のお肉のコーナーに掲示されている『家族の絆』という書を見た子供が
震災以来話をしなかったのに、話をする様になりました。ありがとうございました」

との電話がありました。

一枚の「書」にそのような力があるとは!
言葉の大切さとその「書」を書いた人の思いが伝わるのだと感心しました。

「家族の絆」と言えば、昨年のTVドラマで「マルモのおきて」という番組が有りました。
亡くなった親友の双子の子供を育てる、気の良い独身男と子供達の話ですが、
家族の絆について考えさせられるドラマです。

主人公の周りに居る人達が皆気持ちの良い人達で、心暖まるドラマです。
人間の言葉を話す犬が出てきますが、とても可愛いです。
機会があったら是非観て下さい。

                   



▲ トップへ戻る