ニューヨークで何年か前から流行っていた憧れのエイジング・ビーフをなんと和牛で食べられます

2014/05/3



ニューヨークで何年か前から流行っていた、
憧れのエイジング・ビーフをなんと和牛で食べられます(^_^)

熟成牛(ドライエイジングビーフ)とは、
専用熟成庫で骨付きのまま28日間以上熟成させた牛肉です。

料理にも「一晩ねかせると美味しい」というものがありますよね。
牛肉も熟成の過程で、肉の中の酵素がタンパク質を分解、
旨味成分のアミノ酸が増え 余分な水分が減り、お肉の美味しさが倍増します。

分析結果でも、柔らかさ・甘み・旨味とも、熟成前の数値より高い数値で表れています。

反面、肉の色は沈んだ紅色で、見た目はあまりよくないのですが、
コレは熟成の結果で、美味しさの証です。

芳醇な香りと旨味、柔らかさ…
時間が与えてくれた贅沢な美味しさをお楽しみください !

 

▲ トップへ戻る