世界で一番古い歴史のあるワイン

2014/04/17



世界で一番古い歴史のあるワイン。
陶器のボトルが食卓をいつもと違った雰囲気に彩ります。



グルジアは、黒海の東に位置していて広大な自然と温暖な気候に恵まれ
5千年以上も昔からワイン造りが行われていました。
そのワインはエジプトに渡り、かのクレオパトラはこの芳醇なグルジアワインをこよなく愛し、時に一人グルジアワインを傾け涙したと伝えられ「クレオパトラの涙」とも呼ばれています。

グルジアの原種のブドウは、サペラヴィ種・アレクサンドレウリ種など固有種で、
フランス、ドイツ、イタリアといった現代ワインとは全く異なった、
知る人ぞ知る『幻のワイン』

2013年12月グルジアの伝統的なワイン造りの手法が、ユネスコ世界無形文化遺産に登録され、グルジアワインが注目されています。

深みと香り、陶器製のボトルも魅力的。
是非、悠久のワインをお楽しみ下さい。

【サペラヴィ】濃厚なフルーツとスパイシーな風味。
程よい渋味と酸味が特徴。バランスのとれたボディのしっかりとした赤ワインです。

【ピロスマニ】
酸味と甘味のバランスのよいやや甘口の味わい。
グルジアの有名な画家ピロスマニの名前をつけたこのワインは、フルーティーな香りのフレッシュなワインです。


サペラヴィ                      ピロスマニ

▲ トップへ戻る