健康な牛

2014/07/29


昨日、宮城県に「いちやま漢方赤牛」を見に行って来ました。

普通、「和牛」というと黒毛和牛のことを言います。
霜降りの入った肉は美味しくて「松阪牛」「神戸牛」等ブランド牛は総て黒毛和牛です。

ちなみに、「国産牛」というのはホルスタインのことで、牛乳をとるための乳牛なので、
肉は美味しくないのです。身体が大きくて成長が早いので、安く販売できます。

黒毛和牛は確かに美味しいですが、霜降り肉にするために濃厚な餌を与え、運動を全くさせません。
メタボリックシンドロームの牛ほど美味しいです。つまり、不健康で病気の牛ほど美味しいのです。


豚肉は健康な豚の方が美味しいです。「和豚もち豚」はとても健康な豚です。
鶏肉も健康な鶏の方が美味しいです。「いちやま健味どり」も健康に良いように餌を工夫し育てて
います。

健康な牛はオーストラリアの牛で、自然な環境で健康的に育てています。
しかしながら、ご存知のように余り美味しくないです。

『健康な牛で美味しい牛肉はないか』と長年探し求めていました。
今回産地へ行って確信しました。
自然交配で子牛を育て、漢方を餌に混ぜて与えているため、放牧場は全く臭いがなく、のんびりと牛達が過ごして居ました。
出荷前には牛舎で肥らせていくのですが、牛舎ですらほとんど臭いません。

健康で美味しい牛肉「いちやま漢方赤牛」は脂の融点が23℃と低いため、口どけが良く、さっぱりして美味しいです。(ちなみに通常の黒牛の融点は38℃です)
また、健康な牛のため、内臓肉が臭いが少なく美味しいのも特長です。
融点が低いため、血液の中でもサラサラと脂が流れるため、健康的な牛肉と言えます。

是非一度味わってみて下さい。

▲ トップへ戻る