品質と価格

2010/10/4



『品質と価格』

薄型テレビや携帯電話の日本市場動向では
圧倒的にソニーやシャープ、パナソニック 他の日本製品がシェアを取っています。

世界のシェアを見ると、韓国や中国製品が強いです。

これは日本人は品質の細かい違い、
例えば色が滲むとかコントラストの強弱とか
安さより品質を選ぶ傾向があるためと云われています。

世界では多少色が悪くても、使い勝手が悪くても
安い方が売れています。

日本人は品質にうるさい民族と云われています。
しかし食品だけは安い方が良いという人が圧倒的に多く、
ディスカウントストアが増えています。

本来は品質にうるさい民族なので、
努力次第ではもっと健康を気にして、美味しい物を食べたいという人が
増えて来るのではないかと期待して頑張っています。


▲ トップへ戻る