天皇杯受賞」の美味しい地御前牡蠣

2014/12/4


海のゆりかごとも呼ばれる地御前で育った身の大きい牡蠣です。

牡蠣は水入りでパックされた物と、
水を切ってトレイに並べてパックされた物があります。

水入りの牡蠣は、見た目には鮮度感があり美味しそうに見えますが
実はあまり美味しくないです。
水を吸って水ぶくれした牡蠣は「水牡蠣」と呼ばれ、
鍋に入れたりフライにすると縮んでしまうのです。

当社推薦の地御前の牡蠣は、牡蠣の身入りが一番良い時に冷凍したもので
美味しさが維持できるように真空パックにしました。
加熱しても縮まないので、カキフライや炒め物にも最適!
「天皇杯受賞」の美味しさは感動ものです。

当社取引先の首都圏国分中村支社長は、この牡蠣の大ファンで
いつもバター炒めで食べるそうです。
「さすがに天皇杯受賞の牡蠣だ。この牡蠣を食べたら他の牡蠣は
食べられない」とおっしゃっていました(^_^)

▲ トップへ戻る