手間と時間をかけて作られた『寒風ざらしたくあん』季節限定です

2014/01/23



「たくあん」といえば、生の大根を樽に漬け込んだものを思い浮かべますが、
南九州では、洗った大根を畑の棚につるして10日ほど乾燥させて作ることが
主流です。
大根を冬の寒風にさらしながら太陽の日にあてることにより、大根そのものに
甘味と旨味が出来るのです。

乾燥の度合いによって味が異なるのですが、
霧島食品は「全乾」といって100%に近い乾燥させた大根を使うことを
原則としています。

一口に全乾に近いといってもこれがなかなか大変な産物で、途中雨が降って
濡れてしまったり、気温が0度以下になってしまうと商品にならないのです。

干し大根の自然の風味を大切に、手間と時間をかけ作られたこの時期限定の
寒風ざらし白たくあんを、是非お試しください。

▲ トップへ戻る