料理に使うのに普通の日本酒より料理酒の方が美味しいのはなぜか知ってますか?

2011/12/25


【料理に使うのに、普通の日本酒より料理酒のほうが美味しいのは何故か知ってますか?】

料理用の清酒は、米由来の有機酸やうまみ成分であるアミノ酸を多く含むように作られています。

飲んでおいしいお酒と違い雑味がありますが、その雑味と感じる「うまみ成分(アミノ酸)」が
料理にコクやうまみを与えたり有機酸が生臭みを消したり、
ワンランク上の味わいの料理に仕上がります。

料理用清酒の調理効果効果
①生臭みを消し良い香りをつける
②コクとうまみを与える
③味をしみ込みやすくする
④素材を柔らかくする
⑤保存性を向上させる
⑥おいしさを閉じ込める

ラベルに「料理酒」と書いてある商品の大半に「塩」が入っています。
知らずに加塩タイプの物を使って料理をすれば、味に違いが出てしまいます。レシピ通りに作った
のに「しょっぱいな」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。
実は、加塩タイプの料理酒には海水と同じくらいの塩分が加えられているからなのです。
ぜひ、お使いの料理酒を自分の舌で確かめてみて下さい。

せっかくバランス良く味つけしていても、知らずに塩分が多くなってしまうと残念ですね。
健康を考える上でも、塩分のバランスは大切です。
違いをきちんと知って美味しい料理を作って下さい。

▲ トップへ戻る