植物性100%の生クリームのケーキは何故美味しくないのか

2010/12/1



『植物性100%の生クリームのケーキは何故美味しくないのか』
生クリームはもともと牛乳から作ります。
牛乳だけで作ると、動物性100%の生クリームになります。

動物性100%の生クリームは美味しいのですが、
黄色く変色しやすく型が崩れやすいため、すぐに食べるには美味しいのですが
店で販売するのには向きません。

そこで、植物性生クリームとブレンドします。
植物性生クリームと混ぜることにより変色を防ぎ
生クリームがダレなくなります。
食品添加物の良さですね(^_^;)

動物性と植物性生クリームのブレンド比率が、ケーキの美味しさに大きく影響します。
当然、動物性の比率が高い方が美味しいです。

しかし、動物性生クリームの方が価格が高いので
安いケーキほど植物性の比率が多くなります。
100円ケーキ等は100%植物性の生クリームを使います。
丁度、バターとマーガリンの関係と同じです。      

植物性生クリームが胸焼けするのは、人工的に作りだした食品添加物の塊だからです。
マーガリンも同じです。

美味しいケーキは幸福感をもたらしますが
食べすぎないように注意しましょう(^_^)

▲ トップへ戻る