食中毒が増えています。肉の生食について

2011/05/27




O-111の食中毒で命を落とすという痛ましい事件があり、
生食肉の危険性がクローズアップされました。  

現在、牛・豚・鶏の生食用食肉は流通していません。

レバーは細菌やウィルスが多いので、絶対に生で食べてはいけません。

厚生労働省が設けている衛生基準ガイドラインをクリアしている生食肉は
馬肉(馬刺し)のみです。

いちやまマートの馬刺しは、日本で唯一の馬肉専用と畜場、一貫生産の生食
専用工場で製造している熊本県の千興ファームさんの『鮮馬刺し』です。

千興ファームさんでは食品の安全性だけではなく、品質をも保証するSQF2000
認定を取得しており、生食用食肉としては世界初で認証を受けました。

食の安心・安全を確保するため生食の基準をすべてクリアし、衛生管理の面で特に
優れた工場の証です。

安全で高品質な『鮮馬刺し』はいちやまマートの自信の一品です!


▲ トップへ戻る